投資信託の諸費用とリスク

株価変動リスク 株式は、企業業績や、国内外の政治・経済情勢等の影響などで価格が変動します。ファンドに組入れた株式の価格が下落した場合、基準価額の下落要因になります。
金利変動リスク 金利水準の変動は、株式・金融市場に影響を与えます。債券は、金利水準の変化により価格が変動します。利率が確定している債券を購入した後に市中金利が上昇すると、その債券の魅力が薄れ価格は値下がりします。組入れた債券の価格が下落した場合、基準価額の下落要因になります。
為替変動リスク 為替変動リスクとは、外貨建資産に投資する際、外国為替相場の変動で投資した金融資産の円換算額が変動することです。外国為替相場は、金利情勢、政治・経済情勢、市場の需給などの要因で変動します。投資国の通貨が対円で下落(円高)すると、投資した資産の円換算額が減り、基準価額の下落要因となります。
信用リスク 信用リスクとは、株式や債券等の有価証券発行体が財務状況の悪化や経済情勢の変化で利払いや元本の返済が滞り、有価証券の価格が下落したり、投資資金の回収ができなくなったりすることです。信用リスクが高まると保有資産の価格が下がり、基準価額の下落要因になります。
リート(不動産投資信託)の価格変動リスク リートは不動産を投資対象とします。リートの価格は、不動産を取り巻く環境、不動産市況や金利動向、マクロ経済の変化などの影響を受け変動します。組入れたリートの価格が下落した場合、基準価額が下落する要因となります。
その他 投資信託も市場規模や投資量等により影響を受ける「流動性リスク」、投資対象国・地域における政治・経済情勢や規制等にかかわる「カントリーリスク」、「ファンド固有のリスク(物価変動・価格乖離・銘柄選択など)」等があります。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は預金、保険契約ではございません。
  • 投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではございません。また、当金庫にてご購入いただく投資信託は投資者保護基金の対象ではございません。
  • 当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は各運用会社(委託会社)が行います。
  • 投資信託は、組入れられた有価証券(株式、債券等)の価格変動や発行体の信用状況の変化、金利変動、為替相場の変動などにより基準価額が下落し、投資元本割れになる場合がございます。したがって、投資信託は元本および分配金が保証されている商品ではございません。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属いたします。
  • 借り入れられた資金を前提とした投資信託のお申込みはお断りしていますのでご了承ください。
  • 外貨建資産が組入れられている投資信託の場合、海外証券取引所等の休業日等により、ご購入・ご換金ができない日がございます。
  • 過去の運用実績は、将来の運用実績をお約束するものではございません。
  • 投資信託のご購入のお申込に関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はございません。
  • ご購入の際はあらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧ください。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面は当金庫窓口にご用意しております。

投資信託取引に係る諸費用

  • お申込時の費用/購入時手数料(購入時の一口あたりの基準価額に対し最大3.30%(税込)、約定口数を乗じて得た額)
  • 換金時の費用/信託財産留保額(換金時の基準価額に対し最大0.5%)
  • 保有期間中の費用/信託報酬(純資産総額に対し最大年率2.420%(税込))
  • その他費用/上記以外に監査報酬、その他費用が信託財産から支払われます。
    これらの費用については、運用状況により変動するものであり、事前に料率・上限等を表示することができません。

ふやす・そなえる

ページの先頭へもどる