お客さま本位の業務運営にかかる基本方針

浜松いわた信用金庫 夢に追いかぜ宣言 ~お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)方針~

これは、当金庫が「お客さまの夢の実現の"追い風"になりたい!」という想いを込めて掲げた、コーポレートメッセージです。

お客さまの"夢や想い"は、何でしょうか?

たとえば「しあわせな"我が家"を創りたい!」
たとえば「子供たちの夢を親として応援したい!」
たとえば「充実したセカンドライフをおくりたい!」
たとえば「地域のために力をつくしたい!」
たとえば「子供たちが幸せに過ごせるよう、資産を次世代につなぎたい!」
たとえば「自らの手でビジネスを始めたい!」 などなど。

ぜひそんな夢や想いをお聴かせ下さい。そんなお客さまひとりひとりの夢や想いが実現できますよう、一緒に、とことん考えたいと思います。ひとりでも多くのお客さまに「当金庫に相談して良かった!」と言っていただけることを喜びとして、以下を遵守することを宣言いたします。

宣言1 当金庫は、お客さまの夢や想いを共有し、その実現に向けて最善と考える商品・サービスを提供してまいります。

  • 常にお客さま本位の姿勢を貫き、お客さまと「一緒に、とことん考える」ことで、お客さまにとって最善の商品・サービスを提供してまいります。
  • 常に取扱商品・サービスを見直すとともに、当金庫取扱商品・サービスにとらわれることなく提携先等を活用して、お客さまにとって最善の商品・サービスを提供してまいります。

宣言2 当金庫は、お客さまの夢や想いの実現のために、お金に関する情報や知識を、わかりやすくお伝えしてまいります。

  • 営業店の店頭はもちろん、お客さまの職場でのセミナーや、育児ママを対象とした「ママゼミ」、学生世代等を対象とした「金融教室」、地域のお客さまを対象とした「くらしのセミナー」を積極的に開催してまいります。
  • お客さまにご理解いただきやすいよう、ライフステージに合わせたパンフレットやホームページ等の表現方法や言葉づかいを常に見直してまいります。
  • 金融商品・サービスをご購入ご利用いただいた後も、お客さまに寄り添いながら必要な情報やアドバイスを継続的に提供してまいります。

宣言3 当金庫は、お客さまに寄り添い「一緒に、とことん考える」職員を配置・育成してまいります。

  • お客さまの夢や想いをかたちにするためのサポート役として、各店舗にパーソナルアドバイザー(庫内ではPAと呼んでいます。)を配置し、お客さまの夢や想いに耳を傾け、お客さまにとって最善の金融商品・サービスを提供してまいります。
  • また、営業ブロック毎にパーソナルアドバイザーのコーチ役(庫内ではブロックPAと呼んでいます。)を配置し、指導・育成、活動のサポート、定期的な情報交換などをおこない、スキルアップに努めてまいります。

以上

制定 2017年11月1日
改正 2019年1月21日
改正 2020年 7月 1日

取組状況についてはこちら

ページの先頭へもどる