融資基本方針(クレジットポリシー)

浜松いわた信用金庫は、地域金融機関として目指すべき方針として「融資基本方針(クレジットポリシー)」を制定し、地域への円滑な資金供給と融資業務の健全性確保に取り組んでまいります。

1.融資の対象

地域と密接なつながりを持つ金融機関として、主に地域経済の健全な発展と安定に貢献する中小企業、その地域に就業、生活の場を持つ個人、地方公共団体等、地域に関わるお客さまを対象とします。

2.融資の原則

融資にあたっては、資金使途の確認を十分に行い、融資の基本原則(安全性の原則、公共性の原則、収益性の原則、成長性の原則、流動性の原則)に則って判断するものとし、投機性の強い資金、社会通念上許されない資金等は、融資の対象としません。

3.適切な融資慣行の確立

融資はお客様の経営状態、資金使途、返済計画の妥当性など総合的に判断して行うものであることを認識し、事業そのものの採算性・将来性に基づいたキャッシュフローを重視し、担保や個人保証に過度に依存しない融資を行います。

4.コンプライアンス

金融機関としての公共的使命を認識し、法令等を遵守するとともに、社会常識を踏まえた健全な倫理観に基づく融資を行います。

5.説明責任

融資にあたっては、説明責任の重要性を認識し、お客さまの知識、経験や財産の状況を踏まえた誠実で適切な説明を行います。

6.適正な収益性の確保

リスクに見合ったプライシングにより、適正かつ安定的な収益の確保に努めます。

7.自己責任による資産の健全化

融資業務に内包する信用リスクを認識し、自己の責任において信用リスク管理の強化に取り組み、資産の健全性と適切性の確保に努めます。

8.与信ポートフォリオ管理

信用リスク分散の観点から、特定の業種、特定の資金使途、特定のお客さま等への融資集中を回避し、小口分散を基本とした安定的な与信ポートフォリオの構築に努めます。

9.金融円滑化

地域の健全な事業を営む事業者および個人に対して、必要な資金を円滑に供給していくこと、並びに地域の事業者の経営相談・経営指導および経営改善に関するきめ細かな支援に取組むことを重要な役割と認識し、適切なリスク管理の下、金融仲介機能を積極的に発揮していきます。

10.SDGsへの取組み

企業・事業の成長(事業価値向上)や地域課題解決(地域活性化)推進の自立的好循環を支える役割を担うべく、積極的にSDGsの啓蒙・普及に関与するとともに、必要なアドバイスやファイナンスを実施いたします。

制定 2020年11月1日

ページの先頭へもどる