トップメッセージ

理事長就任にあたって

皆さまには、平素より浜松いわた信用金庫をお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

 さて、2021年8月2日をもちまして、理事長の御室健一郎が会長に、私、髙栁裕久が理事長に就任いたしました。おかげさまで、これまで当金庫は地域の皆さまとともに発展してまいりました。当金庫をご支持くださる地域の皆さまに対し、改めて深い感謝の気持ちとともに強い責任感、使命感を感じ、その重責に身の引き締まる思いです。

 地域内の人口や事業所の減少、EV化に象徴される産業構造の変化などへの対応に加えて、新型コロナウィルス感染拡大により加速度的に顕在化した社会全体のデジタルシフト、脱炭素といった環境への貢献意識の高まりなど、地域を取り巻く環境は大きな転換点を迎えております。

 当金庫がこれからも地域とともに持続的に発展していくために、「お客さまの喜びを自らの喜びとし、輝く未来を目指してともに歩んでいくこと」「地域のために新たな価値を創出し、地域の創生・活性化に貢献すること」という「お客さま基点」「地域視点」の軸を決して変えることなく、その一方で、常に変革と挑戦を続け、地域経済に新しい風を送り込んでまいります。

 今後も「夢の実現をお手伝いする」身近なパートナーとして、浜松いわた信用金庫役職員一同尽力してまいりますので、より一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

浜松いわた信用金庫
理事長 髙栁裕久

ページの先頭へもどる